意図的な炎上を行う理由

SNSで意図的に炎上を行い知名度や注目を集めようとする企業が増えています。

新商品や新サービスを発表した場合には、まず注目を集めることこそ重要です。

ネガティブな発言でも注目を集めているには違いがありません。

売上を上げるためには注目を集めていかなければ意味はありません。

批判的な発言でも興味を集めているには違い無いのです。

問題は炎上を起こした後の対処方法です。意図的に炎上をさせることにより、世の中の人の注目を集めることは可能です。

その後、寄ってきたユーザを、どうやって自社のサービスや商品の購買をさせるかが重要です。

炎上をして批判をしているユーザーは、細かく批判を分析していけば嗜好が分析できるものです。

人間は感情的になったほうが本音が出やすいものです。

ネット上のクレームを拾っていけば、どう攻略していけばいいかが、自ずと見えてくるはずです。

まず、炎上させてユーザを多く掴み、冷静に分析を行い、どうアプローチするかの企画を立てていけば、売上には結びついていくはずです。

モラルの問題もありますが、意図的に批判してくる人間は、その商品やサービスのカテゴリに、自分なりの考えや信念があるから批判してくるのです。

つまり、批判してくる人間は自分の考えで批判してくるので、その考えに沿ったマーケティング展開をしていけば、クレーマーから消費者に転換することが可能という理論です。

SNSで拡販していく上で重要なのは知名度です。

まず認識してもらい、そこから展開していくことです。